海外進出を視野に入れている企業におすすめのコンサルティング会社・海外市場調査会社をランキング形式で紹介します!

株式会社マクロミルの画像1

社名 株式会社マクロミル(英文社名:Macromill, Inc.)
所在地 本社
〒108-0075 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F
(代表)TEL:03-6716-0700 FAX:03-6716-0701
品川リバーサイドオフィス
〒108-0075 東京都港区港南1-6-31 品川東急ビル 6F
(代表)TEL:03-6716-7205 FAX:03-6716-7203
新宿オフィス
〒163-0439 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビルディング 39F
TEL:03-6716-0719 FAX:03-6716-0783
関西支店
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル 9F
(代表)TEL:06-6133-3770 FAX:06-6133-3771
名古屋営業所
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄1-2-7 名古屋東宝ビル 5F
TEL:052-559-0250 FAX:052-559-0251
仙台オフィス
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央3-2-1 青葉通プラザ 13F
TEL:022-726-5180 FAX:022-726-5181
設立年月日 2000年1月31日
資本金 1,049百万円(2020年6月時点)
連結売上収益 41,270百万円(2020年6月期)
上場証券取引所 東京証券取引所市場第一部(証券コード:3978)
おすすめポイントリサーチ業界トップクラスの市場調査実績があります

マクロミルは、日本と海外にてリサーチサービスを提供しています。海外ビジネス分野では主に消費者向けサービスの市場調査に特化しており、多数の調査実績を持っています。幅広い調査方法と数多くの調査パネルを用いた、規模の大小問わない正確な調査を得意としています。

また、様々な業種・テーマ・規模・調査国に応じて最適な調査方法を実施し、調査結果送付時は集計前のデータも送付。情報量の多さと正確さを、独自の強みとして持っています。

マクロミルの画像

株式会社マクロミル

リサーチ業界トップクラスの市場調査実績

公式サイトで詳細を見る

マクロミルとは?ネットリサーチ分野でトップクラスの実績

マクロミルの画像②

ネットリサーチにおいてトップの実績!

マクロミルは、ネットリサーチや海外市場調査を得意とする会社です。特に、ネットリサーチ分野においては日本・海外両方でトップクラスの実績を抱えています。最新技術を活用したマーケティングを活用したマーケティングツールを多数保有・活用することで、クライアントの課題解決を強力にサポートします。

日本国内でのプロジェクト実施本数は25,000件以上と、数多くのプロジェクトを推進した実績があります。内、海外でのプロジェクト実施本数は10,000件以上になります。調査手法としては、アンケート調査や消費者インサイト調査などを特に得意としており、調査設計も組んでくれます。

リサーチプロッフェショナルが担当します

マクロミルは、海外市場調査に強いリサーチプロフェッショナルが世界各地に在籍しています。在籍者数はコンサルティング営業が300名以上、リサーチャー・アナリスト・リサーチディレクターが800名以上、海外スタッフが900名以上になっています。マーケティング課題解決とリサーチを得意とするスタッフが多数在籍しているため、あらゆるエリアに対応できます。

海外調査パネルを構築

マクロミルでは、国内・海外両方に大規模なパネルネットワークを構築しています。そのため、標準的な調査から大規模な調査まで広く対応ができます。海外調査パネルは28か国に展開しており、パネル数は1000万人に展開。提携パネルを合わせると、90か国に展開。人数は1億1000万人にもなります。
広範囲に多数のパネルを構築することで、世界各地でマクロミル独自の高い品質を保ったリサーチを実現できるのです。

マクロミルの海外市場調査

マクロミルの画像③

グローバルリサーチ

マクロミルでは、海外専門スタッフによる海外調査を得意としています。対象国は欧米・アジアなどを中心に全部で90か国を対象に、独自の調査パネルを用いて調査を行います。全ての過程をマクロミルのスタッフが担当するため、スピード感のある調査を実施できます。また調査する国は1か国のみでも、複数でも対応可能です。現地法人や海外パートナー、海外調査を専門とするネイティブスタッフが精度の高い調査と調査票のダブルチェック及び翻訳を行うため、海外ビジネスに慣れていない方にも、安心して利用ができます。

尚、調査依頼時は集計/編集前のデータ・単純集計表/グラフ・オリジナル集計ソフト”クイッククロス3+”専用データの3つが納品されます。加工されていないデータも参照できるため、自社内でも客観的な情報判断ができます。

韓国リサーチ

マクロミルの韓国リサーチでは、韓国内に自社パネルネットワークを構築しており、品質管理と並行して積極的な調査を実施しています。韓国リサーチのアクティブ率は約40%と比較的高いため、規模が大きい調査にも対応できます。

中国リサーチ

マクロミルの中国リサーチでは、ビジネスプロセスごとに最適な調査方法を用いて、市場調査を実施します。また、中国にはマクロミルチャイナという現地法人を設置しており、中国進出を目指す企業向けの情報調査・提供を常に実施しています。

タイリサーチ

マクロミルのタイリサーチでは、データ精度を保つための設計と検証を常に実施しています。対応エリアは、バンコク以外の地方の農村など全土に対応しています。タイ市場の特徴を熟知した現地のスタッフと海外生活に詳しい日本人スタッフがチームとなり、連携してサポートを行います。様々な業界やテーマに応じて、様々な手法を用いた調査が可能なことに加えて、マクロミルの現地法人があり、タイ・インドネシア・ベトナムの3か国のマーケティング・リサーチを得意なのもメリットです。

北米・欧州リサーチ

マクロミルのアメリカ・ヨーロッパのリサーチは、グループ企業が保有するノウハウやネットワークを活用したリサーチを実施します。過去には多彩な調査方法を用いた実績があり、国民性を配慮したリサーチを常に実施しています。

マクロミルのデジタルマーケティングリサーチ

マクロミルの画像④

デジタルマーケティングリサーチの特徴

マクロミルのデジタルマーケティングリサーチは、cookieを用いたアンケート専用モニターを利用して実施します。モニターエリアも拡大しており、国境を超えてのリサーチも実施しています。

ログベースアンケート

広告を閲覧した人や訪問した人向けのアンケートを実施します。認知度やユーザーの利用意向を知ることができます。

ターゲット到達度調査

属性ごとの広告の到達度を調査します。属性情報は、マクロミルのモニターに登録された情報を元に割り出しているため、精度が高いものとなっています。

クロスメディア調査

複数の広告媒体を使用している場合でも、客観的且つ正確な調査ができます。

リアルタイム調査

ブランドの知名度や好感度などを測定できる調査方法です。調査過程でも数値の変化が確認できるため、変化を確認した上で施策の調整・変更も判断しやすくなります。

まずは問い合わせor資料請求をしてみよう!

いかがでしたでしょうか。マクロミルは、海外市場調査に特化したサービスを広く展開しているのが特徴です。幅広いリサーチ手法の活用、多数の調査パネルの構築を実施することで、多数の調査実績を出しています。

また、調査可能な国も数多く、アジアや欧米にはマクロミルの海外支社やグループ企業が多く設立されています。そのため、現地でしか得られない情報を広く得ることができるのも、強みと言えるでしょう。

マクロミルは海外の情報が幅広く欲しい人、高品質で高精度な調査を依頼したい人、ケース別に最適な調査をして欲しい方に、特におすすめできます。気になった方は、公式サイトから問い合わせ・資料請求をしてみて下さい。

株式会社マクロミルを利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

東京都 48歳 男性

大手のリサーチ会社で世界90か国1億人にリサーチできるところ。

奈良県 47歳 女性

調査サービスで最も有名なマクロミルだったので、信頼できそう。

神奈川県 75歳 男性

既に多数の実績があることが重要でコストも手頃。

京都府 59歳 女性

はじめて利用するのに安心感があり好感が持てる

大阪府 29歳 男性

信頼するに足る十分な実績を備えていること。

→株式会社マクロミルはインターネットリサーチでも特に有名な企業です。実績はもちろんですが、知っている企業のほうが安心感や信頼性が高いと感じる方が多いようです。

マクロミルの画像

株式会社マクロミル

リサーチ業界トップクラスの市場調査実績

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
記事一覧