海外進出を視野に入れている企業におすすめのコンサルティング会社・海外市場調査会社をランキング形式で紹介します!

富士通総研の口コミや評判

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/03/01


株式会社富士通総研
住所:(本社)〒144-8588東京都大田区新蒲田一丁目17番25号 富士通ソリューションスクエア
TEL:03-6424-6751

富士通総研では、海外市場調査・海外進出におけるコンサルティングを手がけています。国や地域を超えた経営の土台を整備することで、自然環境や社会環境に対応する経営基盤を構築するものです。国や地域が抱える環境問題は複雑に絡み合っており、全体の最適化が最善な解決策となります。同社は技術や制度改革を通じて社会基盤の再構築を図っています。

マクロやミクロの視点からアプローチ

富士通総研のコンサルティングは、長年培われた研究実績をもとにしているようです。そこでは政策提言をはじめ、社会ロードマップやシステム、新エネルギーなどに関する案件が含まれます。その流れから、海外市場調査、海外進出のサポートにまで事業は展開し、国際協力などの案件にもつながっているのです。

政策提言に関しては、経済研究所のエコノミストグループによって、中長期的及びグローバルな観点が示されます。幅広い業種や業態の国際市場を考慮しながら、マクロやミクロの視点からもアプローチできるのが強みでしょう。政策提言は先進的なものであり、富士通総研ならではのユニークさがあるものです。

社会システムの実証実験では、産業界における適用可能性を判定します。業務プロセスの標準化に加えて、ビジネスモデルの検証も行っているのです。また、暮らしにも焦点が当てられ、インフラ整備など社会的な制度設計にも実証実験が役立てられます。

こうしたプロセスを積み重ねることで、新たな社会システムの構築が実現しているのです。企業レベルでは、物流のグリーン化などにも取り組んでおり、自然環境に優しい物流システムの構築が目指されています。不透明性の強い現代社会では、技術等の発展プロセスの透明化が最も必要なものとされます。その方向性を示すロードマップ制作も、富士通総研の大切な役割となっていると口コミで評判です。

異業種間での技術の融合を実現する

富士通総研ではロードマップをもとに、産業のビジョンや技術革新を産学で共有しています。それによって、海外市場調査や海外進出などにおいて異分野同士の連携を促しているのです。異業種間での技術の融合が実現されることで、新たなイノベーションの誕生にもつながっているのでしょう。

同社は産業系シンクタンクとして、調査・研究分野において長年の実績があります。培われた経験をもとにして、社会産業や消費者の調査、海外エリアの調査などを行っており、それらの経験を積み重ねることで、企業の海外進出に大きく貢献しているのです。

とくに富士通総研は、環境・エネルギー分野に注力しています。それは持続可能な社会を構築するためであり、森林などの自然資源の有効活用を図るものだといえるでしょう。生成可能エネルギーの普及は、低炭素社会の実現に不可欠なものと考えられます。

地域づくりの視点を持つことで、地球温暖化対策としての効果も期待できるのです。持続可能な地域づくりは地球規模の課題であり、産学官連携による取り組みが重要になるといえます。加えて、富士通総研では農業成長分野において、農業ICTの普及をサポートしているようです。

この取り組みは政府が推進しているもので、幅広い業種の企業が参加しています。多様な業種がソフト開発をはじめ、センサー開発や販売などを手がけているのです。多様な製品の登場により、地域単位の課題の解決が同時に図られていると口コミで評価されています。

地域包括システムの支援を手がける

富士通総研では、現場ニーズを踏まえたうえで、農業分野におけるICT化を推進しています。その中では周辺産業を巻き込みながら、成長産業へと導いているのです。農業ICTの導入により、海外市場調査や海外進出におけるビジネス企画の支援を行っています。昨今、多くの企業ではテレワークの導入が促進されており、介護や育児において、家族が働きやすい環境を整えることが課題として浮上しました。

行政側がテレワーク導入に向けた制度設計を行うことが大切なのです。富士通総研は地域企業に対して、テレワーク導入の支援を行っており、その中で誕生したのが、地域包括ケアシステムだといえるでしょう。このシステムは、住み慣れた地域で安定した生活を送るためのものです。

同システムを主導するのは日本政府であり、実現に向けた取り組みを行っています。その中には在宅医療や介護制度も含まれており、幅広い支援を必要とするものです。地域包括システムの方向性としては、自治体に求められる役割が大きくなっています。

人的ネットワークを構築することも、同システムを成功させるために不可欠な要素といえるでしょう。各地域では防災体制の見直しが進んでおり、富士通総研でも必要に応じて支援しています。口コミでは、同社が地域の課題を見据えつつ、地域防災計画の見直しやスタッフの配置などを提案していると評判です。

 

富士通総研は企業の海外市場調査や海外進出をサポートすると共に、知己包括システムの支援なども手がけています。幅広い分野での社会貢献が持続可能な社会の実現に寄与するものだといえるでしょう。口コミでは、同社が行う政策提言は地域の発展にとって重要だと評判です。

海外進出コンサルティング会社ランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名プルーヴ株式会社JETRO(ジェトロ)アクセンチュア株式会社株式会社マクロミルフロンティアマネジメント株式会社
特徴ワンストップソリューションとして提供することができる。
お客様と共に伴走し続ける身近なパートナーとして在り続ける。
世界約70カ所以上の海外ネットワークを活用したサービスメニューを取り揃えて、
日本企業及び在外日系企業の海外展開をサポート。
「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供し、
クライアントの課題解決を支援している。
豊富なリサーチ実績とノウハウをもとに、
クライアントのマーケティング課題解決に向けて、最適な提案をおこなう。
中国進出支援ではコンサルティングから進出後の実務サポートも含めたフルパッケージでのサービスを、
ASEAN進出支援ではファイナンシャル・アドバイザリーを中心にサービスを提供している。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧