海外進出を視野に入れている企業におすすめのコンサルティング会社・海外市場調査会社をランキング形式で紹介します!

海外市場調査を依頼したときに受けられるサポートとは

公開日:2021/02/15  最終更新日:2020/11/12

事業の海外進出を検討しているなら、進出先で商品やサービスの需要が見込めるか調査に基づき事業戦略を構築する必要があります。このニーズに対応するサービスが海外市場調査サービスです。調査は自前でも実施できますが、国内マーケティングを対象にしたノウハウを活用しても必要な情報を取得できないリスクは否定できません。

海外市場調査ならではの視点とは

少子高齢化で今後のマーケットの成長の余地が限定されている日本ですが、海外に目を向ければ人口増加と経済成長が目覚しいエリアは、数多く広がっています。新型コロナ感染症の影響で一時的に、サプライチェーンの停止状態などが継続していますが、終息後は急速な需要喚起や新たなサプライチェーンの構築など海外進出には、膨大なビジネスチャンスの地平が広がっています。

しかし海外の市場を相手にするだけに、国内マーケティングで適用した調査の方法論は通用しない側面があることは充分留意する必要があります。海外市場調査に向きあうときには、市場・消費者・競合相手・パートナー・現地の法規制の5つに着目して情報を収集する必要に迫られます。これら5つの要素は、国内マーケティングのときにも有用な視点です。しかるにパートナーや現地の法規制などは海外進出するにあたって考慮しなければならない、独自の要素です。

まず海外市場の分析、これはマーケティング戦略を構築するには、基本的情報のひとつです。この点は日本国内での市場調査の手法が妥当する部分といえます。さまざまなカテゴリーの販売データや購買データなどです。それらの基本資料を基に収集したデータをもとに、同一カテゴリーの日本国内市場との違いはどこにあるのか、進出先の現地におけるニーズはどれほど見込めるかを見極めることになります。

海外進出ではパートナー確保と法規制への向き合い方が大事

海外市場調査にあって市場のトレンドの把握に続いて明らかにする必要があるのは、現地消費者の分析です。当然国内市場でマーケティング戦略を構築するときにも、消費者分析を行いますが、進出先の国民の思考にあった分析でなければ意味がありません。たとえば日本国内では水分補給に飲用されることが一般的なスポーツドリンク、国によっては感染性の地域病が発病した折の水分補給としてのニーズが高いという傾向が明らかにされたこともあります。

このような情報は現地のナマの住民の市場調査を実際に実行してみないと明らかにならない部分ともいえます。逆にいえば現地ならではの需要とマッチングする消費やサービスを提供できれば、国内では想定できないスタイルでのヒット、ということもあり得ます。

そして海外進出においても競合他社の動向を把握することは有益です。競合他社のラインナップや販売チャネルなどを把握しておけば、調査対象に最適な対象を絞り込むことも可能になります。

ところで海外進出を成功させるカギの一つは、現地でビジネスパートナーを見つけることにあります。具体的には流通に関する調査では、進出先の流通形態を把握することが必須です。国内同様レベルの近代的な流通形態が整備されていれば、スーパーやコンビニ・ECなどの割合を把握することになります。逆に間接販売型の流通形態では、卸会社を選定する必要に迫られます。

海外市場調査で利用すると他のサポートも提供される

海外進出のための海外市場調査では、法規制の詳細についても把握しなければなりません。日本国内では想定できないような規制や金銭的負担などが必要になることが後日、判明することも。これでは円滑な海外進出など望むべくもありません。

とりわけ食品や化粧品販売では、健康被害防止のために製品に含まれる成分が理由で法的規制の対象になっていることもありえます。そのため海外市場調査では、現地での行政当局の法的規制やローカルルールなども調査対象にしているわけです。

ところで海外市場調査では、市場や消費者・競合他社などについて調査結果の収集と分析だけでなく、海外進出後までを見据えたサポートを提供している会社も少なくありません。たとえば現地法人設立手続きの代行や現地でのスタッフ募集など、新規に海外進出するときにスタート時にサポートする会社も。

また海外市場調査会社ではネイティブの現地人や現地の語学力を身に着けた日本人などをスタッフとして抱えています。従って海外市場調査終了後の、海外販路開拓や海外営業代行など、より海外進出企業に踏み込んだサポートを提供していることもあるようです。

とりわけ注意したいのは、販路開拓です。多いのは一つの交渉先に固執し、結局物別れに終わってしまう、不利な条件でビジネスパートナー関係になってしまうこと。この面からも現地のマーケットに通暁しているスタッフが在籍しているような海外市場調査会社であれば、情報収集にとどまらず実際の海外進出の強い味方になってくれるはずです。

 

海外の膨大なマーケットに海外進出を計画しているなら、現地の消費者や市場・法規制など収集するべき情報は多岐にわたります。それらの情報を効果的に入手し、進出後のプランまで綿密に計画する必要があります。海外市場調査会社では、海外進出に必須のデータはもちろん進出後ビジネスを成功させるまでのサポートも充実している点は選ぶときのポイントになります。

海外進出コンサルティング会社ランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名プルーヴ株式会社JETRO(ジェトロ)アクセンチュア株式会社株式会社マクロミルフロンティアマネジメント株式会社
特徴ワンストップソリューションとして提供することができる。
お客様と共に伴走し続ける身近なパートナーとして在り続ける。
世界約70カ所以上の海外ネットワークを活用したサービスメニューを取り揃えて、
日本企業及び在外日系企業の海外展開をサポート。
「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供し、
クライアントの課題解決を支援している。
豊富なリサーチ実績とノウハウをもとに、
クライアントのマーケティング課題解決に向けて、最適な提案をおこなう。
中国進出支援ではコンサルティングから進出後の実務サポートも含めたフルパッケージでのサービスを、
ASEAN進出支援ではファイナンシャル・アドバイザリーを中心にサービスを提供している。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧