海外進出を視野に入れている企業におすすめのコンサルティング会社・海外市場調査会社をランキング形式で紹介します!

自分だけで海外進出することはできる?

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/09/14

start-up

自身で行っている事業を広げていきたいという場合、海外進出を考えることがあります。人件費や土地などを安く済ませることができたり、市場を広げたりできる可能性があるため、大きなメリットが生まれてくるのです。しかし、治安や経済状態の問題、その国ならではの法律など日本とは異なる配慮が必要になることもあります。

小さく始めるのはよい方法でもある

これから本格的に海外で活動していこうとしている事業であっても、初めから大きくしていくことがうまくいくわけではありません。実際にやってみると日本の場合とは異なり問題が出てきてしまうこともあるのです。そのようなときに規模が大きな状態では変更や撤退ということが難しくなってしまうので、柔軟な対応がしづらくなります。人数を少なく、最初にかける費用が少ないほど、状況によって撤退なども考えやすくなるので傷を少なくできる可能性があるのです。そのために、とりあえず自分だけで海外進出をするということは選択肢の一つとして考えられるでしょう。

状況がよくわからない場合なども、調査を兼ねて最小限の形で進出を検討することは有効です。その際には無理に大きな規模で進出しようとしないことが大切になります。身軽に動くことができる、とりあえず初めてみるということであれば、自分だけでできる範囲から始めてみることもありでしょう。しかし、まったく何のつてもない状況で始めてしまうことは問題につながりますから、その土地に詳しいなどの事情がある場合以外には事前準備はある程度必要になりますし、現地で頼れる人なども見つけておく必要が出てきます。

自分一人で情報収集することは困難

海外進出には情報収集が必要となります。現地に慣れていて、行動力がある場合には自分だけでも情報収集をすることが可能かもしれません。しかし、そうでない場合も多いでしょう。基本的には本業に注力したいところですから、進出のための細かい調査などは充分できないことも多いのです。細かい法律一つ一つについて自分自身で把握できると思っている方も少ないのではないでしょうか。日本の法律だけではなく現地の法律などにも精通していないと、スムーズに事業を進めていくことは難しくなってしまうのです。この段階で大きな問題が生じてくるということは認識しておかなくてはなりません。

実際に動くことは自分だけでできるとしても、その前段階として情報提供してくれるところは必要となってきます。自分自身が情報を集めるよりも、専門の会社などで調査をしてもらうことができればそのほうが費用面でも労力の面でもプラスになることがあるのです。自分の状況なども考えつつ、もしもよりしっかりした情報収集が必要だと思ったら、海外進出に強い市場調査会社などを利用していくことも検討しておきたいものです。費用も時間もかかることがありますが、それにより失敗のリスクを減らし、うまく進めることができれば結果的には事業にプラスとなることもあります。

リスクをできるだけ減らしていくためにも

事業を進めていくうえある程度のリスクがあることは国内でも同じことです。しかし、そのリスクは海外のほうがより大きくなります。とくに問題となりがちなのが、言葉の問題です。現地の言葉に詳しく、問題なくコミュニケーションが取れる場合には自分でできることも多くなるでしょう。しかし、その場合でも言葉だけで乗り切っていくことは難しくなります。必要な情報がうまく得られなかったり、行き違いが起こったりすればビジネスに大きな影響が及んでくることになるのです。そのため、現地での専門家の力を借りることも必要になる場合があります。

そうした専門家につながることができるかも大きなポイントとなってきます。ビジネスのプランを考える段階からかかわってもらうことで、進出する場所に適したプランにすることもできます。そういったサポートを受けられるかどうかも海外進出の成否にかかわってくることになるでしょう。まったくつてがない場合には、サポートしてくれる企業を探しておくことも必要です。海外進出のコンサルティング・市場調査サービスを提供する企業を頼れば、現地の慣習や常識から最新の状況、事業の進め方まで総合的にサポートしてくれます。

 

海外進出をすることにより、今の事業をより大きく広げていくことができる可能性があります。それを求めて進出しようとしている場合、まずは情報収集をどうするか考えてみましょう。何の情報が必要になるのかわからないという場合には、自分だけで進出することは困難といえます。情報収集を助けてくれる企業などを利用していく必要があるかもしれません。

また、実際にどう進めていくかを考えた場合、言葉の問題や文化の問題などが壁となってくる場合もあります。そういった場面をうまく乗り切っていくために、専門家の力を借りることも必要となるでしょう。無理に自分だけで進めようとするのではなく、必要な部分で力を借りていくことも考えておくようにしたいものです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧