海外進出を視野に入れている企業におすすめのコンサルティング会社・海外市場調査会社をランキング形式で紹介します!

海外進出が難しいといわれている理由は?

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/10/01

事業を行っている経営者が、売上を飛躍的に増加できる可能性を持っているのが海外進出です。しかし、日本の企業が海外に進出することは難しいといわれていることも事実であり、多くの企業が進出に慎重になっています。今回は、海外進出が難しいといわれる理由を詳しく紹介しますので、海外進出を検討する事業者の方は参考にしてみてください。

日本とは異なる価値観の顧客への対応

海外進出が難しいと考えられている大きな理由は、日本と海外では対象となる顧客が大きく異なっているからです。日本国内ならば、国内のどこに店舗を出店する場合でも、日本人を顧客の中心にして販売活動を進めればよいので、同じような方法で対応できます。実際に全国規模でチェーン店を展開しているような企業では、全国のどこに出店する場合でも通用するマニュアルを作成して、多くの店舗を運営しています。

しかし、海外に進出する場合には、商品やサービスを購入する顧客層が大きく異なるために、国内で通用していた販売の方法が、まったく役に立たなくなることがあります。日本では人気のある商品も国外では売れない場合もあり、どのような商品に人気があるのがわからないところが、海外に進出するところの非常に難しいところです。

日本国内ならば、どこでも似たような商品が人気である場合が多いですが、海外の国は国民性や価値観もまったく異なっていることも多いことから、これまでとは異なる商品やサービスを一から開発しなければいけない場合もあります。外国人の商品に対する嗜好を理解するために、海外で現地調査が必要になることもあるために、しっかりとした計画性が必要になります。

海外で勤務する人材を探すことの難しさ

現地で働く人材を確保しなければいけないことも、海外進出が難しいと考えられている理由の一つです。事業者が特定の国に進出する場合には、その国で事業の拠点となる店舗やオフィスを設立するのが一般的ですが、こうした店舗で働く従業員の質によっても、店舗の売上が大きく変化します。

日本から社員を出張させて、現地で勤務させることもできますが、現地の人と交渉するためには、さまざまな能力が必要になります。現地の人の言葉を直接理解できるような高い語学力を持っている人材が、海外進出の拠点で働くスタッフとしては一番望ましいですが、こうした人材を探すことは難しいことも多いことから、誰でも簡単に海外進出できないようになっています。

現地の言葉が使えなくても、英語をビジネスの公用語として使用できる場合もありますが、この場合でも英語をビジネスで使うことができる高い語学力を持った人材が必要です。現地で働く従業員は、現地の事情に充分精通していることも必要になり、ビジネスに関することだけでなく、その国の政治や文化についても詳しい知識を持った人材のほうが望ましいです。

こうしたすべての能力を持った人材を探すことは非常に難しく、社内に適格な人間がいない場合には、現地で従業員を雇用する方法もありますが、日本語ができる人材を見つけるのが困難な場合も多く、通訳などが必要になることもあります。

海外の法律に精通していなければいけない難しさ

海外進出が難しいと考えられているもう一つの理由が、日本とは異なる法律の存在です。どこの国に進出する場合でも、事業を行うためには、その国の政府が定めた法律に従う必要があるために、どのような法律が定められているのかを、あらかじめ確認しておく必要があります。

事業を行ううえで知っておかなければいけないのは、事業者一般に適用される法律と、特定の分野の事業者だけが対象になっている法律です。どちらも同じくらい重要であり、知っていないと思わぬことで法令違反をしてしまうこともあるので、専門家などに相談して、法律対策をしっかりとしておくのが最適な方法です。

日本と似たような種類の法律が現地に存在する場合でも、日本の法律とは若干内容が異なっている場合もあり、日本とはまったく異なった内容の法律が施行されていることもあります。事業を始めるにあたって特別な届出が必要になる場合もあるので、その都度適切な対応が必要です。

海外の法律のことを相談できるのは、国際弁護士や、海外進出をする企業をサポートしているコンサルタント会社などです。こうした職業の人は海外で事業を行うときに知っておかなければいけない法律の知識を熟知しているので、安全に事業を進めるためには欠かせないビジネスパートナーです。

 

事業者が海外に進出することは難しいことが多いといわれていますが、難しさの原因の一つになっているのが、国内とはまったく異なった顧客を対象にして、商品やサービスを販売しなければいけないことです。

現地で事業を行うための人材を確保しなければいけないことも海外進出の難しいところで、現地の言葉を使いこなせるぐらいの高い語学力があったほうが理想的です。現地の事情に精通していることも必要で、必要となる人材を見つけることが非常に困難な場合もあります。

現地の法律を熟知していなければいけないことも海外進出の難しいところで、法律の基準に従っていないと事業を続けることができなくなってしまう場合もあるので、現地の法律に詳しい弁護士やコンサルタントに相談するのが最適な方法です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧