海外進出を視野に入れている企業におすすめのコンサルティング会社・海外市場調査会社をランキング形式で紹介します!

海外市場調査のやり方

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/09/14

Oversea marcket

近年、企業の海外進出が増え、市場を求めて活性化しています。日本の消費傾向は縮小していますが、海外では発展途上の国やこれからという新興国などさまざまで、マーケティング拡大のチャンスは海外にこそあるといえます。夢のある海外進出ですが、行うにはさまざまな下準備も必要です。今回は、海外市場調査のやり方をお話しします。

なぜ今企業の海外進出が注目されているのか

企業ごとに商品や強みは異なりますが、海外進出を検討する理由としてはチャンスの拡大が主な目的になるでしょう。ビジネスを拡大させて収益を得るには、内需の低下がある国内だけでなく、海外のマーケットに照準を合わせるのは合理的な判断といえます。大手の企業は海外に進出していますが、日本の99%は中小企業です。その中小企業も海外に進出しているかといえばそうではありません。しかし現在は、世界中で日本企業の進出を後押ししている環境が整っています。
日本は近年世界各国から注目されている国であり、世界中で日本ブームが起こっています。日本で展開されている製品・商品・サービスなどが幅広いく注目されており、ブランド力も高まっています。あらゆる分野で注目されているので、そのブームに乗って海外展開することは間違いではないでしょう。

海外市場調査で重要な3つの分析

海外進出・展開に向けて動く際、重要なのは下調べといった準備です。それに欠かせないのが市場の分析・その国の消費者の分析・競合会社の分析になります。市場の分析の方法は日本国内で展開する場合とほぼ同じであり、海外の購買データや販売データを収集する流れになります。方法としては購買データや販売データを収集及び提供しているサービスがあり、それを活用することが効率的です。そこで得られた市場情勢やデータを、日本国内の市場規模と照らし合わせて判断していきます。消費者の分析では、展開を検討している国の消費者の思考に着目することが重要です。

国ごとに合ったサービス・商品の展開が重要

国によって文化や趣向は異なりますので、その国の消費者に合ったサービスや商品の展開が必要です。また日本とは使用タイミングや購入タイミングが違うことは海外ではよくあります。たとえば、スポーツ飲料の輸出を検討している場合、スポーツドリンクは日本ではスポーツの際に飲むものですが、体調不良の際に売れる国もあります。同じ商品でも、消費者の特性は日本と異なり、違った着眼点を持つ場合が多くあります。最後の競合会社の分析ですが、海外進出は何も日本だけが行っているわけではありません。むしろ日本は海外進出・展開が遅れている方です。その国のシェアや販売チャネルを押さえておくことは、海外進出を検討している企業では基本事項といえるでしょう。販売チャネルを押さえることで、消費者の分析も絞り込むことができ効率的に調査を進めることができます。他社の流通網を分析することで、自社製品の売り上げ目標や流通網をどのように構築すべきか見えやすくなります。取引先の状況や組織構成なども調べることで、より強力な戦略を立てやすくなるでしょう。

市場分析の前に行うべきこと

3つの分析は全て基本的且つ重要な分析でもありますが、分析を行う前に必ず確認しておくべきことが1つあります。それは法規制の分析と調査です。法律はその国ごとに異なるため、しっかりと把握しておかなければ知らず知らずのうちに法律に違反し、販売停止や販売者に罰則が科せられる可能性があります。日本では認められている量や成分であっても、他国では原材料や成分が規制の対象になっていることが多いです。その国では認められないことは往々にしてあるのです。
日本の製品をそのまま海外に流通させるといった単純なことはできないので、その国の法律を調べてその原材料や成分が認められているかの有無の確認は重要です。万が一認められないとわかったら、どの成分や原材料が規制対象であるか分析します。規制対象の原材料や成分が特定できれば改良して販売できることも多々あるため、海外市場調査では市場の動向やニーズだけでなく、さまざまな分析の視点が必要になります。

海外市場調査は何も自社だけで行う必要はない

日本が海外進出や展開について世界の企業より遅れているといわれる要因には、言語の壁がありその対策をできていないからです。言葉の壁は大きく、グローバルに対応できる人員を育成する下地が整ってなかったことが原因の一つにあります。また現地の地理的な分析を行うことが難しい問題もあります。その国の地理に詳しくない自社のスタッフを派遣しても成果は少ないでしょう。だからこそ、海外市場調査を請け負う業者に依頼することが一般的なやり方になっています。海外市場調査代行を活用すれば、現地の正確な情報を短期間で得られ、自社で人員を募集・育成する手間や費用を削減できます。それは結果的にコストの削減にもつながりますので、一石二鳥でしょう。

海外進出にはまず市場の調査やその国を分析することが重要です。その国で自社が生きていけるか、通用するかを調べてから挑むのが基本です。そのためには、競合会社の分析や市場分析などが大切です。しかしどの国も日本とは違う文化を持った国であり、消費者の趣向も違うため、その国に詳しい人材を集めてから情報を収集することが必要です。それを日本の自社で募集・育成することは負担が大きいため、海外市場調査代行の業者に依頼することが一般的なやり方になっています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧