海外進出を視野に入れている企業におすすめのコンサルティング会社・海外市場調査会社をランキング形式で紹介します!

海外進出コンサルタントに依頼したときの料金はどのくらい?

公開日:2020/09/15  

海外進出コンサルタントに依頼し、サポートを受けていくときには料金の支払いが必要ですが、一般的なコンサルタントではどれくらいの費用がかかり、どんな料金体系となっているのでしょうか。今回は、海外進出コンサルタントに依頼した際の料金について詳しくお話ししていきます。

コンサルティングにかかる費用の内訳

海外進出コンサルタントに業務を依頼した場合の費用感を理解するためには、費用の内訳について知っておくことが必要です。コンサルティングを受けるのにかかる費用は、大きく分けると二つの項目から構成されています。

一つ目はコンサルティング費用と呼ばれることが多い項目で、平たくいってしまえば海外進出コンサルタントの人件費と業務を遂行する労務費です。二つ目は業務の必要経費で、こちらは実費で請求する仕組みになっているコンサルティング会社が多くなっています。

コンサルティングを受けるときにはただアドバイスをしてもらうだけでなく、海外市場の調査なども依頼するのが一般的です。たとえば海外市場を調査するために出張に行った場合には往復の交通費と滞在中の宿泊費、日当などを負担する仕組みになっています。

また、現地での市場調査を実施するために現地のスタッフを雇ってサポートしてもらったというときには、そのスタッフの雇用費用も負担しなければなりません。このような調査費用は比較的大きくなるので注意が必要ですが、先に見積もりを出して相談してくれるので突然高額の請求はないでしょう。

ただ、コンサルティング契約をする時点では金額はおよその数字しか提示してもらえません。会社によっては聞いてみないとおよその数字すら示さず、コンサルティング費用しか見積もり時点では見せないということもあるので注意しましょう。

コンサルティング費用の体系の種類

コンサルティング費用はどのようにして決められているのかについても留意が必要です。コンサルティング会社によって費用体系が異なっているので注意しましょう。海外進出コンサルティングの場合には一般的なのは定額制です。毎月一定の金額を支払うことによってコンサルタントに働いてもらえる仕組みになっています。

コンサルティングの領域によっては成果報酬型の体系にしていることもありますが、海外に進出して新しいマーケットを獲得し、さらに売り上げを伸ばすにはかなりの年月がかかります。その成果を定量的に評価するのが短期的には難しく、コンサルティング会社としてはただ働きをさせられる期間が長くなるのが問題点です。そのため、毎月精算をしていく仕組みで契約をすることになるのが一般的です。

ただ、定額制といっても費用体系を細分化すると業者によりまた違いがあります。進出しようと考えているターゲットの国ごとに料金が定められている場合もあれば、どの国にするかを決めることからコンサルティングを受けられるように国を限定しない場合もあるのです。

後者のほうがやや高くなることは否めませんが、どちらを選んだとしても最終的に進出を目指す国の数におよそ比例する費用がかかります。また、国の数によらずに業務範囲で金額を決めている場合もあるので、どういう形でコンサルティングを受けたいかに応じて相談先の会社を選定することが重要です。

予算と目的に合わせて交渉しよう

海外進出コンサルタントの料金は、進出先や期間、請け負う業務内容によって変わるため、交渉次第で変わる可能性があります。たとえ最初に一ヶ月あたり100万円と提示されたとしても、業務範囲を絞ったり、報告頻度や打ち合わせ頻度を変えたりすることで安くできることもあるのです。

予算がどのくらいあるか、コンサルティングを受ける目的は何か、どのくらいのスパンで進出を達成するのかといったことを考えて交渉を進めましょう。

スピード重視でコストはある程度かかってしまってもよいというような場合には、複数のコンサルタントを付けて対応してくれる会社もあります。調査を依頼するときにはとくに人手が必要になることが多いので短期間での市場獲得を目指している場合には積極的に切り出して交渉してみるのが大切です。

 

海外進出コンサルタントの料金はコンサルティング費用と必要経費の実費に分けられるのが一般的です。コンサルティング費用の体系は月額制で定額のコンサルティング会社が多くなっています。月額費用の決め方は業者による差が大きく、国ごとに料金が決まっているわかりやすい体系のこともあれば、総合的に判断して決定される仕組みになっていることもあります。

渡航費用や市場調査費用などの必要経費の負担は避けられませんが、コンサルティング費用については交渉が可能です。業務範囲を狭めたり、期間を長くしたりすることによって安くできるでしょう。逆にスピード重視で依頼したい場合には費用をかければ複数のコンサルタントに対応してもらえることもあります。目的に応じて希望を考え、予算に収まるように交渉するようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧