海外進出を視野に入れている企業におすすめのコンサルティング会社・海外市場調査会社をランキング形式で紹介します!

インド進出コンサルティングサービス・市場調査サービスおすすめ3選

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/09/14

market-research-of-india

インドは世界第二位の人口を誇ることから、今後の世界経済の成長の主要な原動力を担う市場の一つになると予想されていますコンピューターなど数学の知識が必須とされる産業において、世界の主要な人材供給源でもあり、優秀な人材を数多く輩出している国として影響力が大きい国の1つです。成長の余地が大きいインド進出では市場調査が重要です。

インドに進出しグローバル企業に成長をめざすプルーヴ株式会社

【詳細】
会社名:プルーヴ株式会社
住所[本社]:東京都港区新橋5-23-7 三栄ビル2F(受付9F)
TEL:03-6435-6963

インドに事業展開を検討してはいても、何から着手するべきなのか分からない・現地での適切な業務提携先が見つからない、などがネックになって結局事業が開始しないまま時間ばかりが経過していることはないでしょうか。とくに最近のトピックとして、コロナショックの動揺が一収まるのか見通しが立たない、あるいは終息後の事業再編に向けたポジショニングのとり方がわからないなど解決困難な課題に直面している企業も増えているでしょう。

プルーヴ株式会社では、これまでの豊富なインド市場での調査実績と独自のノウハウをいかし、これからのインド進出・今後のインドでの事業展開のあり方に不安を抱えている企業のニーズに対応できる情報収集力とノウハウを用意しています。

プルーヴ株式会社では、以前からインド進出は企業にとってイノベーションをもたらすものであると認識してきました。インド進出とは現地での通貨での取引・新規の資材や原料の調達・新規販売先の開拓や現地での商慣習への対応など、ルーチンワークの一つ一つに新たな挑戦と課題の解決が待ち構えているからです。

困難な道の果てには成功のフィールドが広がっています。プルーヴ株式会社では、インド進出にあたっての準備と成功までのフレームワークを提案し、インド進出の成功をサポートしているのです。

インドの今について相談できる豊富な情報量と経験JETRO(ジェトロ)

【詳細】
会社名:独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)
住所:東京都港区赤坂1丁目12-32アーク森ビル(総合案内6階)
TEL(総合案内):03-3582-5511

インド進出の検討段階、もしくは進出に向けての準備を進めているという企業で、インドの現状を把握できていないと悩む企業は多くあるのではないでしょうか。世界最大級の人口を誇り、ものづくりやIT分野で目覚ましい成長を見せているインド市場に魅力を感じる企業も多いはずです。

ただ、市場が巨大な分そのリサーチに手間と費用がかかる傾向にあります。そして膨大なデータの取捨選択というのは、それなりの経験を積んだリサーチャーの力が必要です。そのような人材が自社に存在すればよいですが、そうでない場合にはこのJETRO(ジェトロ)の力を借りましょう。

JETRO(ジェトロ)はインドの貿易投資相談や実務的なこと、さらにはインドでのパートナー候補のリストアップまで幅広くカバーしてくれます。

インド進出に必要なのはそうしたことだけでなく、インドの今を知るということも重要です。人口の多いインドでは、トレンドが変わると一気に消費行動が変化するため、常に新鮮なデータと活きた情報が求められます。JETRO(ジェトロ)は、インドの市場データや消費行動等も熟知しており、最新情報の提供に余念がありません。

担当スタッフに直接確認できるのはもちろん、公式HP上での情報発信も盛んです。地域政策のことや各産業の市場気配、さらには日本と関連するビジネス情報までジャンルも幅広いです。JETRO(ジェトロ)が提供する情報は、インド進出を考えている企業が求めている情報ばかりです。企業のニーズに応えられるような情報の取捨選択ができるという点も、JETRO(ジェトロ)の強みです。

サプライチェーン再構築のために戦略的対応をするアクセンチュア株式会社

【詳細】
会社名:アクセンチュア株式会社
住所[赤坂インターシティAIR]:東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR(受付: 8F)
TEL:03-3588-3000

新型コロナウイルス(COVID-19)の急速な世界的拡大を受け、先進国のみならず世界規模でのサプライチェーンの沈滞や、救急途絶などの深刻な影響が顕著になっています。感染リスクに直面しながらも、マーケットにあってはサプライチェーンへの絶え間ない需要があり、必要とされるサービスに需要に応じた物質やサービスを届けるためにも、サプライチェーンの確保と運用体制の強化は、経営陣にとってきわめて重要な課題です。

アクセンチュア株式会社はそれぞれのタイムスパンで、問題解決のためのソリューションを迅速にするための戦略を提案しています1週間以内の時間軸ではリスク調整のための指令を随所にだすコマンドセンターを構築し、事業全体を順応させるべくフットワークの軽い対策が必須です。

そして概ね4週間以内には継続的運用体制の確立が経営戦略上の重大なタスクになります。アクセンチュア株式会社はインドでのマーケティング展開のために、COVID-19のリスクに直面しつつも、世界規模の企業の緊急課題の取り組みをサポートします。

 

現在は国内での商品やサービスの売り上げが好調な企業が多く、業績のさらなるアップのためにインドの巨大な市場のポテンシャルに魅力を感じて新規事業開拓を検討している企業も多いと予想できます。しかし昨今の新型コロナウイルス感染のパンデミックは、未知のリスクに直面することを意味しマーケットの正常な状況とは異なる局面を見せています。

終息後の急激な需要回復による商機を見逃さないためには、進出先の冷静で科学的知見にもとづいた市場調査能力がこれまでになく必要とされています。そのため企業にとってはインド進出コンサルティングサービスを活用し戦略的マネジメントを展開し、中長期的成長につなげる市場開拓に取り組むことが求められる時期と言えます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧