海外進出を視野に入れている企業におすすめのコンサルティング会社・海外市場調査会社をランキング形式で紹介します!

ドイツ進出コンサルティングサービス・市場調査サービスおすすめ3選

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/09/14

germany

日本とも何かと馴染み深いドイツに進出したいという企業は多くあります。将来的な日本市場の縮小を考えて先手を打ちたいといった理由でドイツをターゲットにするというケースも増加傾向です。そこで今回は、ドイツ進出の際に的確な助言をしてくれるコンサルティング・市場調査サービスを3社ご紹介します。

計画から実行にいたるまで全工程を徹底的にサポートするプルーヴ株式会社

会社名:プルーヴ株式会社

住所:(本社)〒105-0004 東京都港区新橋5-23-7 三栄ビル2F(受付9F)

TEL:03-6435-6963

ドイツと日本は150年もの交流の歴史があり文化的交流も深いため、ドイツを海外進出先に選ぶ日本企業が多くあります。リトル東京と呼ばれるエリアがあるデュッセルドルフをはじめ、親日家が多いドイツで海外進出の足掛かりにしたいと考える企業は少なくありません。ただ、いくら日本に対して好意的な人が多いドイツとはいえ、しっかりと市場を把握することや、先を見据えた戦略を練らなければ成功は難しいでしょう。そのようなノウハウに乏しく、頼れるコンサルティング会社を探しているという企業におすすめなのが、プルーヴ株式会社になります。

このプルーヴ株式会社の最大の特徴は、海外進出の計画から実行にいたるまでの全工程を徹底的にサポートしてくれるという点です。それを可能にしているのが、プルーヴ株式会社の圧倒的なサポート実績になります。2007年に創立されてから今までに、50を超える国で1000以上の海外プロジェクトを成功させてきました。ドイツでのプロジェクト成功実績も豊富で、業態や内容問わず多彩な成功例があります。それを可能にしているのが、徹底的にリアルにこだわった、鮮度の高い情報を重視しているためです。消費者・市場・現地企業をさまざまな形でリサーチし、ドイツの今を分析してくれます。

同時にドイツに進出しようとしている企業の現状診断も欠かさず、それと照らし合わせて最適解を導き出してくれます。最後の実行段階に関しても、ここ独自のパイプによる代理店や委託先の開拓により、最初から最後までの徹底サポートが魅力です。

リサーチ力と現地法人の多さが頼もしい株式会社マクロミル

会社名:株式会社マクロミル

住所:〒108-0075 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F

TEL:03-6716-0700

EU随一の経済大国ドイツは、イギリスがEUを離脱したことからヨーロッパ大陸における政治経済大国としての地位ばかりでなく、イギリスにかわる世界有数の金融街としての側面も強めるなどますます存在感を増しています。日本と同様に人口減少に悩む国でありながら、高い生産性と勤勉な国民性、難民も受け入れるオープンな社会構造などが影響して現在においてもEUの経済の牽引役として、安定した経済成長を続けています。また政治的にも安定しており、事業展開をするにしても地政学的リスクが低く、欧州市場への進出を検討している国内企業にとっては、有力な進出先として認識されています。

しかし日本とは異なる民族性や多様性にとんだ人種構成など、国内市場とは異なる配慮が必要な市場であるのは間違いありません。地理的にも日本とは離れていることから、事業展開するにあたっては充分に情報収集を行い、マーケットのニーズを把握し収益を安定的にあげるためのビジネススタイルを模索する必要があります。

このような局面で、インターネットリサーチで長年のノウハウと実績の積み重ねのある株式会社マクロミルは心強い味方になるはずです。同社は日本国内でのリサーチの経験と技術を活かし、グローバルリサーチの依頼にも対応しています。ドイツを含めた世界90カ国以上で実績があり、現地法人の数も20カ国50社に登ります。現地法人や海外パートナーによる高品質・高精度名調査を実践、ネイティブスタッフが現地事情や習慣を踏まえた調査票のダブルチェック体制、翻訳サポートを通じてバイアスの少ない実態に即した調査内容を提供しています。近隣のEU諸国など複数国同時調査も可能です。

コンサルティング・市場調査サービスのJETRO

会社名:独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)

住所:〒107-6006 東京都港区赤坂1丁目12-32アーク森ビル(総合案内6階)

TeL:03-3582-5511

資源に乏しい日本は、海外との貿易により、国の経済の発展を図ることが生命線になります。この日本の貿易の発展・拡大のために活動している機関の一つに、JETRO(ジェトロ)があります。海外に進出して、ビジネス展開にあたっては、進出先の制度等に精通していないと予想もしない不利益を受けたり、損害を受けたりして、進出がスムーズに行かない場合があります。

JETRO(ジェトロ)は、貿易実務や税務など専門分野のアドバイスにより、日本企業の海外進出を支援しています。海外進出を検討中の日本企業に対して海外市場調査を行い、国内拠点での事前調査や現地の市場調査、戦略立案・実現に注力しています。アジア諸国に対する活動が目立ちますが、実は世界的に展開しています。ヨーロッパにおいては、EUの中心であるドイツが鍵となります。進出するにあたっては、その国の状況を把握する必要があります。

そこで、ドイツの概況、政治動向、経済動向についての情報を提供してくれます。政情不安や経済が安定しない国は、そもそも進出辞退が難しくなります。そして、輸出入に関する基本的な制度、投資や外資に対する規制など日本からの進出に関する制度についても情報を提供して、多面的に進出を支援してくれます。JETRO(ジェトロ)は独立行政法人という公的な機関ですので、ドイツ進出にあたってのコンサルティングサービス・市場調査サービスを提供してくれる機関の筆頭的存在と評価できます。

 

海外に進出するに当たっては、コンサルティングサービス・市場調査サービスを受けて、その国の情勢を把握することが重要です。資源に乏しい日本が貿易立国として発展していくためには、絶え間ない進出が不可欠です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧